【マゴワヤサシイ食】があなたを救う

マゴワヤサシイ食とは、人間の身体に必要な栄養素を多く含んだ食材です。

 

人間、生物は皆そうですが、食べたもので身体が出来ています。

 

そして我々が普段口にしているものは、美味しさは別として身体にとって良い成分もあれば、悪い成分もあります。

 

悪いものの代表たるものが添加物です。

 

添加物には様々な種類がありますが、保存料・着色料・酸味料・防カビ剤・甘味料など様々な種類があります。

 

それらは食品の賞味期限を延ばしたり、色を付けたり、味を調えたりする働きがあり、身体に悪いとされていても、見た目や味、賞味期限の延長から使用されている食品がほとんどです

 

中には全く使われていない自然食なんてものもありますが、添加物が無い分、料金もやや高くなります。

 

前置きが長くなりましたが、この記事では身体に必要とされている食材【マゴワヤサシイ食】について解説致します。

マゴワヤサシイ食とは

摂りたい食材から一文字ずつ取り、並べたものが【マゴワヤサシイ】です。

 

食材は以下の7種目になります。

  • マ=豆類・大豆加工品
  • ゴ=ゴマ・ナッツ類
  • ワ=海藻類
  • ヤ=野菜類
  • サ=魚介類
  • シ=きのこ類
  • イ=イモ類

以下、それぞれの食材に含まれている栄養素です。

著書:【家族みんなが病気にならない食べ方辞典】より抜粋
著者:山田豊文
発行:現代書林

まごはやさしい食は低カロリー

摂取カロリーの増加に伴い、体重も増加傾向にあるものです。

 

マゴワヤサシイ食は、それほど精製されておらず、自然な状態に近い為低カロリー食材です

 

その為ある程度の量を食べても太りにくいものばかりです。

 

ですが、ファーストフードコンビニなどで手軽に食べられる食品の多くは添加物が多く使用され、精製度合も高いです

 

時々食べる位でしたら良いのですが、毎日のように食べていると、簡単にカロリーオーバーとなってしまいますので、食べるものには注意が必要です。

 

そしてもう一つ注意すべきものは食品の添加物です。

 

添加物は味を調え、消費期限を延ばすなど、生産者にとって都合が良いものですが、消費者にとっては味や使い勝手と引き換えに健康を害する事があります

身体に悪いものとは

身体に悪いものとは、身体にとってメリットが少なく、病気などのリスクを高めるものです。

 

私個人の考えは、砂糖小麦粉など血糖値を急上昇させるものは身体に良くないと考えていますが、ここでは主に添加物を挙げていきます。

 

冒頭でお話ししましたコンビニやスーパー等でお手軽に手に入りやすい食品に多く含まれる添加物の名称と副作用についてまとめました。

特に危険な添加物

発がん性やその疑いがある

【着色料】
タール色素(赤色2号・赤色3号・赤色40号・赤色102号・赤色104号・赤色105号・赤色106号・黄色4号・黄色5号・青色1号・青色2号・緑色3号)、二酸化チタン、カラメルⅢ、カラメルⅣ

【甘味料】
アスパルテーム、ネオテーム、サッカリン、サッカリンNa

【発色剤】
亜硝酸Na

【防カビ剤】
OPP(オルトフェニルフェノール)、OPP-Na(オルトフェニルフェノールナトリウム)

【漂白剤】
過酸化水素

【乳化剤】
ポリソルベート60、ポリソルベート80

【酸化防止剤】
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

【小麦粉改良剤】
臭素酸カリウム

急性毒性が強く臓器などに障害をもたらす可能性がある

【防カビ剤】
イマザリル、ジファニル

【漂白剤】
亜硫酸Na、次亜硫酸Na、ピロ亜硫酸Na、ピロ亜硫酸K、二酸化硫黄

【保存料】
安息香酸Na、パラベン

体内で異物となって臓器などに障害をもたらす可能性がある

【甘味料】
アセルスファムK、スクラロース

著書:加工食品の危険度調べました 著者:渡辺雄二 発行:株式会社三才ブックス

完璧を目指さなくてよい

前章では危険な添加物について述べました。

 

何よりも病気のない健康な身体を目指すのでしたら、マゴワヤサシイ食+玄米、そして食材は無添加で安心のものを使うと良いと思います。

 

ですが、現代は身体に良くなくても、美味しいと感じてしまうものがあります(人により感じ方は違いますが)

 

それらは我慢しなければならないのでしょうか?

 

私は、添加物を摂るデメリットを理解した上で食べるのなら、良いと思っています

 

私たちは産まれてから今日まで、砂糖小麦粉添加物が入った物を子供の頃から食べて来たと思います。

 

砂糖や小麦粉、一部の添加物には強い依存性があります。

 

その為、味わってしまうと、再び食べたくなってしまうものですので、現代社会に生きる人として、理解した上で摂取するのは良いと考えています。

 

実際、私も普段食べるものはマゴワヤサシイに出てくるものを中心に食べていますが、食べたいものもしっかり食べています。

 

食べる量やバランスが大切です

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ボディビルダーや一部のプロは徹底して管理をする為『食事というより身体を作る『作業』と考える方もいらっしゃり、好きな物を食べるというその時の幸せより、管理する事により変化する身体へフォーカスする方もいらっしゃいます。

 

要は、終着地点はどこになるかという事です。

 

マゴワヤサシイ食は、確かに質素かもしれません。

 

ですが、素晴らしい身体を与えてくれる食事法なのです。

 

健康になりたい・ダイエットしたい・病気になりたくないという方は、ぜひ食事を見直してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

>最高の自信とは・・

最高の自信とは・・

いつまでも若々しく強くしなやかな身体から生まれる