【筋トレの基本】マシンとフリーウェイトの違い

『筋トレ』は良く聞く言葉ですが、マシンフリーウェイトは聞きなれない方が多いと思います。

 

フィットネス業界で言う『マシン』は、胸や脚など、筋トレを行う際、ターゲットとする筋肉に効かせやすく作られ、重りを調節出来る機械の事を言います。

 

対して『フリーウェイト』は、ダンベルやバーベルなど、機械ではなく、簡易的な作りのもので、こちらも重りの調整をしながら主に筋力トレーニングに使われます。

 

マシンとフリーウェイトはどちらも筋トレ目的で使用する事が多いのですが、作りが違うため、用途も違います

 

今回の記事では、マシンとフリーウェイトの違いについてまとめておりますので、目的に合わせて筋トレを効率よく行いたい方は、ぜひご覧ください。

マシンのメリットとデメリット

マシンは主にフィットネスクラブなど、大規模な店舗に多く置かれています。

 

マシンのメリットとデメリットは、主に以下があります。

・初心者が扱いやすい
・重りの設定が簡単
・使っている筋肉が意識しやすい
・怪我をしにくい
・細かい部位が鍛えにくい
・体幹が鍛えにくい
・日常生活やスポーツに活かしにくい

などがあります。

 

詳しくご説明すると、マシンは基本的に動く方向が決まっています。

 

チェストプレス(胸のトレーニング)であればバーを胸の位置から前方に押し出しますし、ロウイングマシンであれば前方にあるバーを身体に引き寄せるよう力を入れます。

 

起動が決まっていると言うことは、狙った筋肉に効かせやすいですし、間違ったフォームになりにくいので、怪我をしにくい作りになっています。

 

重りの調節も、書かれた数字に合わせれば、簡単に変える事が出来ます。

 

初心者の方でも使いやすいものが多いです

 

反対にデメリットは、動きの方向が決まっている為、鍛えたい場所を細かく指定出来ない点です

 

例えば胸のトレーニングのチェストプレス。

 

熟練者になってくると、胸の上部や下部など、胸でも場所を変えたいとき、マシンではなかなか狙う事が出来ません。

 

マシン自体の椅子の高さを調節して多少効かせる事は出来ますが、いちいち調節をしなければなりません。

 

また、その動作自体、姿勢が固定されているものが多いため、腹筋や背筋など体幹の筋肉をさほど使いません

 

スポーツや日常生活では、固定された状況で力を発揮する状況はほぼありません。

 

つまり、トレーニングしてもスポーツや日常生活ですぐに活かしにくいのです。

フリーウェイトのメリットとデメリット

次に、フリーウェイトのメリットとデメリットをご説明致しますが、マシンのメリット、デメリットと相反している所があります。

・位置や軌道を自分でコントロール出来る
・体幹の強化が出来る
・日常生活やスポーツに活かしやすい
・動作習得が難しい
・ツールが無いと鍛えにくい場所がある
・初心者には難しいフォームがある

フリーウェイトのメリットの一つは、動きの起動を自分で自由に変える事が出来る事です。

 

例えば、マシンの胸のトレーニング『チェストプレス』では一定の場所しか鍛える事が出来ませんが、フリーウェイトの場合は意図的に起動を変える事が出来ます。

 

また、その動作を行う際、体幹を使って身体を安定させる為、体幹の強化と、スポーツなどの競技力が向上し、日常生活にも活かしやすくなるのです。

 

対してフリーウェイトのデメリットは、動作自体が難しくなります

 

例えばチェストプレスを行う際、フリーウェイトではダンベルプレス、又はバーベルを使ったベンチプレスとなりますが、ウェイトの起動を自分で導かなければなりません。

 

また、鍛えたい場所によってはツールが必要になります

 

背中の筋肉、広背筋で例えると、主に引く動作でこの筋肉は作用しますので、ダンベルやチューブなどのツール、又は懸垂を行えるようなぶら下がれるバーが必要です。

 

では、これからトレーニングを始める方は、マシンとフリーウェイトどちらから始めれば良いのでしょうか?

マシンとフリーウェイトどちらから始めるか?

フリーウェイトから始める事をオススメ致します

 

何故ならば、フリーウェイトのメリットでご説明したように、軌道が決まっておらず、自分でフォームを作らなければならない為、日常生活やスポーツに活かしやすい為です。

 

マシンから始めるより、早く技術を身に付ける事が出来ます。

 

但し、デメリットでご説明したよう、経験や運動神経が関係してきますので、フリーウェイトが難しく狙った筋肉に効かせる事が出来なければ、マシンから始める事も一つの方法です

 

続けても出来ない事でモチベーションが下がり、トレーニングを辞めてしまう可能性があるからです。

 

そういった場合は、マシンに変更し、狙った筋肉にしっかりと意識が出来るようになった後、フリーウェイトへ移行すれば良いと思います。

 

では、フリーウェイトから始めた方はマシンは必要無いのか?

 

ほぼ必要ありません。

 

マシンで出来る事は、フリーウェイトでも出来るからです

 

但し、マシンにもフリーウェイトのようにある程度自由な軌道でトレーニング出来るものもありますので、そういったものは使い方によります。

 

例えばテクノジム社の『Kinesis(キネシス)』は、ケーブルに取ってが付いており、重さの調節が出来る為、持って様々な方向に動かす事でトレーニングを行う事が出来ます。

 

このマシンはマシンでありながら軌道をある程度自由に動かす事が出来る為、フリーウェイトのような効果を得る事が出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

マシンとフリーウェイトの違いについてまとめてきましたが、どちらもメリット・デメリットがございます。

 

フリーウェイトから始め、日常生活やスポーツに活かしやすい身体を創るのを私はお勧めしておりますが、今までの経験や運動神経が関係してきますので、動作が難しい・狙った筋肉を使えない場合、マシンを使ってみるのも一つの方法です。

 

結果、マシンはほぼ必要ないと考えておりますが、マシンにも軌道をある程度自由に使えるものもありますので、目的や好みによって使い分けても良いと思います。

 

どんなトレーニングも継続がとても大切になりますので、続けられる方法でトレーニングしていきましょう。

 

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

>最高の自信とは・・

最高の自信とは・・

いつまでも若々しく強くしなやかな身体から生まれる