アッパーカットは〇〇のイメージで強く打てる

ボクシングでは基本のパンチが4種類あります。

 

その中の一つ、アッパーカットは、基本の中でも特に難しい部類に入ります。

 

なぜ難しいのか?

 

それは、『体重移動』『腕を下げる』『腰の回転』『肘の角度』など、ジャブやストレートに比べて気をつけなければならないポイントが多く、腕を思い切り下から上へ突き上げる動作が日常生活にない為です。

 

今回の記事は、元プロボクサーの視点からアッパーカットの解説と、腰の入った強いパンチの打ち方について解説いたします。

アッパーカットは相手のアゴを下から上へ打ち抜くパンチ

左脚前・左腕で打つアッパーカット

オンガードポジション
体重移動と捻り
骨盤の回旋と拳の突き上げ

アッパーカットは下から上への軌道のパンチです。

 

私は多くの選手を現役時代に見てきましたが、アッパーカットを上手く打てる選手はプロでも4回戦位だとそんなにはいなかった記憶があります。

 

なぜなら、ボクシングは対戦相手の腰から上を狙って打つ格闘技の為、オンガードポジション(構えた状態)から相手の顔を打つ時、最短距離で打てるジャブやストレートのように腕を真っすぐに突き出す方が早い上に、手を下げない為ガードし易いからです。

 

パンチを当てる為に、パンチのスピードは物凄く大切です。

 

パンチスピードが遅いだけで、相手にヒットする割合は極端に減るからです。

 

その為、アッパーカットのように一度拳を下におろすようなパンチはジャブと比べると遅い為、打ちづらいのです。

 

そのようなデメリットがアッパーカットにはいくつかあります。

アッパーカットはパンチを貰うリスクが高い

アッパーカットは肘を曲げて打つ為、相手との距離が近くないと当てる事が出来ません。

 

近いという事は、自分もパンチを貰う可能性が高くなるという事です。

 

さらにアッパーカットは腕を下におろします。

 

腕を下げるという事は、その瞬間、自分のアゴはノーガードだという事です。

 

相手が近くにいる

 

『ノーガードの時間がある』

 

打ち合うボクシングを行った事がある方は、このリスクの大きさがお分かりだと思います。

 

当たり前ですがパンチは痛いです。

 

アッパーカットを打つのには、リスクがあるという事を考えなくてはなりません。

 

さて、ここまでデメリットをお話ししてきましたが、次にメリットを解説します。

 

それは、アッパーカットが打てると他のパンチが当たりやすくなるという点です

他のパンチが生きてくる

 

ボクサーは構える時、脇を締めます。

 

なぜかご存知でしょうか?

 

脇が空くと、みぞおちやお腹などの急所がガラ空きになり、打たれやすいからです。

 

しかし、相手がジャブクロスやフックしか打たない選手の場合、多少脇を開いていてもパンチをガードすることが出来る為、こちらは守るのが楽なのですが、もし打てる選手だった場合、どうしなければならないか?

 

脇を締めて腕を中央部分に寄せないとアゴやお腹をアッパーカットで打ち抜かれてしまいますよね。

 

脇を締めて腕と腕を寄せると、今度はフックが当たりやすくなります。

 

このように、アッパーカットが打てるようになると、他のパンチが生きてくるのです

 

そんなアッパーカットを力ずよく打ち抜く為のポイントは、腕だけの力(手打ち)ではなく、腰を入れて打つのです。

 

イメージは、ロケットです。

体をロケットの発射台と考える

アッパーカットは見様見真似で打つだけなら多くの方が出来ると思います。

 

しかし、力強いアッパーカットを打つ為には、いくつかポイントがあります。

①重心を低くしてタメを作る
②足の踏ん張りと骨盤の回旋を最大限に使う
③その力を腕に伝える
上記三点の①と②を、腕に伝えるのです(左脚前・左腕アッパーカット)
①重心を低くしてタメを作る
②足の踏ん張りと骨盤の回旋
ロケットが発射する時、激しい勢いで高圧の燃焼ガスを後方に噴射する事によって莫大な推進力を得ます。
アッパーカットも同じく、①②で生まれた力を腕に伝える事によってさらに大きな力を生むのです
この①から②が疎かになりやすいのですが、アッパーカットを強くしっかり打ちたい方は、一つずつの動作に磨きを掛ける事が必要です。
その為、まずは腕の力を抜いてパンチを打つのではなく、①の体重移動と捻り、②の骨盤の回旋を意識して練習していきましょう。

ガードは必須

そしてもう一つのポイントは、②の時にガードをしっかりと固める事が大切です

 

アッパーカットを打つときは腕を下ろさなければなりませんが、打つ瞬間までガードをしている事で、打たれるリスクを減らします。

 

ただ、アッパーカット時のガードは、エクササイズ目的のレッスン等だと、ガードを元々しないというスタイルもありますので、実戦さながらの動きを身に付けたい方は、ぜひガードを意識してみてください。

アッパーカットは肘が脇腹を擦るほど締める

アッパーカットの起動ですが、脇を少しでも開くとパンチは斜めに飛んでいきます。

 

オンガードポジションをイメージしてみて下さい。

両手が顎の横にあり、肘は下に延びています。

 

斜めからのパンチは、ガードをしようと思わなくてもオンガードポジションの腕に遮られやすいのです

 

したがって肘が脇腹を擦る位内側からアッパーカットを打つと、腕と腕の間をすり抜け、パンチが顎へと届くのです

 

このようなパンチを打てるとかなり驚異です。

 

ガードする為には腕を中央に寄せて、しっかり顎を守らなければならないので、相手をディフェンス作業を増やす事が出来るのです。

 

打ち分ける

 

と私は表現していますが、真下からのアッパーカット真横からのフックが打ち分けられると、とても有利に攻める事が出来ます。

まとめ

ロケットをイメージした強いアッパーカットは、姿勢を低くしてタメを作り、骨盤の回旋で生まれたパワーが腕へと伝わります。

 

そしてアッパーカットを効果的に打つ方法は、パンチを打っていない手でしっかりガードをし、真下から真上に向かってパンチを打ち上げます。

 

言葉では簡単に言えますが、やってみると本当に難しいです。

 

しかし、一つずつコツコツと練習を重ねる事により打てるようになりますので、力強いアッパーカットが打ちたい方は、体重移動と身体の捻り、そして骨盤の回旋をまず意識して行いましょう。

 

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

最新情報をチェック!!
>最高の自信をあなたに

最高の自信をあなたに

いつまでも若々しく、楽しい事・やりたい事が出来る身体創りにすべてを