トレーニングに適した時間帯

あなたは何時頃トレーニングするのが最も効果的だと思いますか?

  • 朝起きて朝食を摂る前
  • 夕方の時間帯
  • 寝る前の時間帯

と、様々な時間帯に人はトレーニングをしています。

その理由は、『まとまった時間が取りやすいから』『隙間時間だから』『スポーツクラブが空いている時間だから』など、様々な理由によって行われています。

ですが、せっかくトレーニングをする訳ですから、身体に負担にならないよう効果的に行いたいですよね。

考える事は皆一緒で、ネットで調べると様々な見解が得られます。

そこで、多くの方が推奨する時間帯とその理由を以下にまとめてみました。

早朝トレーニング

朝起き掛けに食事を摂る前にトレーニングを行います

【メリット】
・時間の管理がしやすい為、習慣化しやすい
・お腹に何も入っていない状態なので、身体が動かしやすい
・トレーニング後は体温が上がる為、朝から活動的になる
・目が覚めて身体がシャキッとする
【デメリット】
・トレーニング前は体温が低い為、日中よりもアップに時間がかかりやすい
・上と同じ理由で、高重量・高負荷をかけにくい
・朝は何かと忙しいため、早起きしないと時間が設けられない
・お腹が減って力が出ない

などが挙げられます。

夕方のトレーニング

夕方から夜にかけて行うトレーニング

【メリット】
・一日の中で最も体温が高いと言われている時間帯の為、身体が動かしやすい
・上の理由から、アップにかける時間を短縮出来る
・仕事が終わった後で気持ちに解放感がある
【デメリット】
・トレーニング人口が多い為、混み合う
・食事を摂るタイミングを考えてしまう
・仕事の残業や、他の予定で出来ない事がある

寝る前のトレーニング

 

【メリット】
・誰にも邪魔されない時間として確保しやすい為、習慣化しやすい
・ストレッチなど、軽く身体を動かす事により、睡眠の質が高まる
・睡眠中の成長ホルモンの分泌を促す
【デメリット】
・強度を上げすぎると交感神経が優位となり、睡眠の妨げになる
・汗をかく可能性がある
・家族がいる場合、場合によっては迷惑に思われることがある

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一般的に運動やトレーニングは、体温が一日の中で最も高くなる夕方あたりを推奨されておりますが、ライフスタイル状、なかなかそう出来ない事もありますし、そもそもこの時間に運動がしたいという方もいらっしゃると思います。

ちなみに私(原)は、休日の朝、食事を摂る前にトレーニングをします。

確かに、アップに時間がかかり、高強度なトレーニングはなかなか出来ないのですが、何より気持ち良いのです。

このように、どの時間帯もメリットとデメリットは必ず存在しますので、ご自分のライフスタイルに合わせて、デメリットを抑え、多くのメリットが得られるようなトレーニングが行えれば、一番良いのかと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

 

>最高の自信をあなたに

最高の自信をあなたに

いつまでも若々しく、楽しい事・やりたい事が出来る身体創りにすべてを