太りやすい食べ物

こんにちは

 

今回、身体を作る食べ物について、記事にしました。

 

好きなものだけ食べて理想の身体を維持できたら最高なのですが、なかなかそうはいきません。

 

食事の量を減らしているのに、なぜか体重が増えてしまう

 

その原因は、太りやすい食べ物を知らずに摂っているのかもしれません

 

今回は、食べると太りやすい食材や、食べても太りにくい食材の見分け方を、簡単に解説致します。

見た目である程度は判断出来る

食べ物にはGI値『Glycemic Index(グリセミック・インデックス)』と呼ばれる指数があります。

 

GI値とは、食べ物を摂った際の、血糖値の上昇速度を数値化したものです。

 

ブドウ糖を基準(100)として様々な食材のGI値が定められています。

 

この値は、数値が大きいほど、食べてから血糖値が急上昇し、低いほどゆっくりになります。

 

インターネットで調べればすぐに食品別の数値が出てくるので、高いものと低い物を知る事が出来ますが、食品を見ただけでも、GI値が高いかどうか、ある程度判断する事が出来ます。

 

それは、食品の精製度合で見分けます

 

例えばお米の場合。

 

玄米は稲から作られた籾から、籾殻を除去したものです。

 

それを精米し、糠や胚芽を取り除いたものを精米と言います。

 

この二つを比べた場合、精製度合の多い方は、精米ですので、GI値は精米の方が高いです。

 

当てはまらないものもあるかと思いますが、基本的には、精製度合の高いもの(人の手が多く入ったもの)は、GI値が高くなる傾向があります

 

そして一般的に、GI値が高いものは身体に良くないとされています。

 

では、なぜ身体に良くないのでしょうか?

血糖値の乱効果が起こる

糖が身体に入ってくると、膵臓からインスリンが分泌されて血糖値をコントロールします。

 

GI値が高いものを摂ると、血糖値が急激に上がる為、より多くのインスリンが分泌されます

 

すると、今度は急激に血糖値が落ちてしまい、下がりすぎてしまう事があります

 

こうなってしまうと、様々な症状が起こる可能性が上がってしまうのですが、「鬱になりやすくなる」「元気がなくなる」「頭痛」「吐き気」「動脈硬化」などが起こりやすくなるとされています。

 

したがって、GI値が低いものを摂るようにしたほうが、血糖値の乱効果がお起こりにくい為、上記のような症状は出にくくなります。

 

しかもインスリンは脂肪合成を促進するという働きもある為、多く分泌されると、その働きも高まってしまう為、太りやすくなります

 

つまり、精製度合の高いもの(GI値が高いもの)を多く食べると、太りやすくなります

 

その為お米も、玄米より白米(精米)の方が太りやすいです。

 

さらに栄養分も違います。

 

玄米にはビタミンやミネラルを多く含む為、「完全栄養食」と呼ばれています。

 

ただ、味は白米の方が美味しいという方が多い為、玄米の栄養は欲しいけど味も白米に近いものが良いという方は、精製度合をコントロールした『分搗(ぶづき)米』がオススメです。

 

五ぶづき米ですと、胚芽(栄養分の多い場所)は残っていますが、糠は5割ほど削られていますので、美味しいです(私の感想です)

 

食べている量が少ないのに太ってしまうという方は、今食べているものを見直した方が良いかもしれません

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

>最高の自信

最高の自信

いつまでも若々しい強くしなやかな身体を手に入れよう