最短で痩せる方法

『最短で痩せるためには何が良いのか?』

 

シェイプアップ・ダイエットを目標とする方は誰もが皆様、考えることだと思います。

 

その答えは、残念ながら適度な運動と食事管理を継続的に行うが一番の近道だと私は考えております。

 

よく、『〇〇でー〇〇kg痩せる!』

 

という広告を見ますが、楽をして痩せる事は出来ません

 

なぜなら、身体は強度に適応し、食べるものによって出来ている為、運動と食事が基本です。

 

1ヶ月で3 kg ~5kg落ちる人もいますが、短期よりも長期の目標を立てて体重を落とすことを推奨しております。

 

その理由は、体重は早く落ちた分だけ早く戻りやすい為、リバウンドする可能性が高くなる性質がある為、長い期間をかけてゆっくり落とす事により、リバウンドのリスクが減り、体重が増加するスピードもゆっくりになるのです。

 

今回の記事は、最短で体重を落とす為にはどうすれば良いかについて解説いたします。

長期で無理のない計画を立てる

上記でも解説致しましたが、長期で無理のない計画を立てる事が大切になります

 

そして長期の最終目標だけではなく、長期に向けた短期目標を細かく設ける事が必要です

 

具体的に例を挙げて申し上げますと、10kg体重を落とす事を最終目標とします。

 

その時、同時に10kg落とすにはどのくらいの期間がかかるのかを考えます。

 

人によって基準は変わりますが、無理のない範囲で体重を落とすとなると、一ヵ月で1~2kgがリスクがすくなく丁度良いかと考えておりますので、5ヵ月から10ヶ月位を減量期間にします(体重の停滞期が途中で考えられますが、それを含めた期間です)

 

仮に一ヵ月1kgとして、10ヵ月でー10kgを目標にするとしましょう。

 

この場合、一ヵ月で1kg落とすペースになる為、一ヵ月の目標をー1kgに設定します。

 

『10kg落とす』だけの目標ですと、10kgか・・と、諦めてしまったり、気持ちがなかなか乗らなかったりと、現実的ではありません。

 

しかし、『毎月1kgだけ落とせばよい』という目標では、なんだか出来そうな気がしませんか?

 

このように、最終目標とは別に短期の目標を設けてあげる事によって、格段に成功率や気持ちの持ちようが変わってくるのです。

身体は食べたもので出来ている

私たちの身体は食べたものから出来ています。

 

糖質や脂質の含有量が高いものを日頃からたくさん食べていれば、その分体重が増加するリスクが上がるのは当たり前ですし、添加物が多いものを摂っていれば病気になるリスクも上がります

 

普通に生活をしていて体重が増えてくるような場合、必要以上に食事を摂っている可能性があります

 

ましてや減量をすると決めたのでしたら、普段よりも食事量を減らす事が重要となってきます。

 

私は昔プロボクサーでしたので、試合の度に厳しい減量を繰り返し行ってきました。

 

プロボクサー皆、食事管理を行っていましたが、その理由は、運動だけではどうしても体重が落ち切らないからです

 

もちろん、一般の方の減量やダイエットの行い方はボクサーとは違いますが、全く違うという訳ではありません。

 

ある程度の食事管理は必要になります。

 

『食事管理』と聞くと、好きな物が食べられないと感じる方がいらっしゃると思いますが、好きなものは量に気をつけはしますが食べるべきだと私は考えております。

 

そして食事の量を減らそうと考えるとまず気になるのが、栄養バランスだと思います。

 

普段から偏食などで栄養バランスの悪い方は注意が必要ですが、【マゴワヤサシイ食】のような身体に必要な食事をされている方は、ある程度減らしても良いと思いますし、逆に体重が増えているという方は、余ったエネルギーが体脂肪として蓄えられていると考えられますので、食事量を減らした方がさらに健康になると思います。

関連記事

マゴワヤサシイ食とは、人間の身体に必要な栄養素を多く含んだ食材です。   人間、生物は皆そうですが、食べたもので身体が出来ています。   そして我々が普段口にしているものは、美味しさは別として身体[…]

私が今まで実践して最も効果的だった方法は『ファスティング』です。

 

ファスティングにも色々ありますが、まずは簡単に始められる『プチ断食』がオススメです。

 

プチ断食は、三食の内一食を抜きます。

 

理想は朝食ですが、生活リズムによって他の時間に抜いても良いと思います。

 

詳しくファスティングを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事

私は30年間以上、一日3食しっかり食べてきました。 3食たべる事が健康の秘訣で、まったく疑いもせず生きてきました。 私の両親も3食必ず食べる人で、特に朝食は「金の価値がある」と教えてくれた位です。 しかし、30歳を過ぎた頃[…]

 

好きなものが高エネルギーだった場合は量に気をつけ、食べ過ぎないようにすれば身体はきっと答えてくれますので、無理のない範囲で行い、理想の身体に変えていきましょう。

 

そして食べ物だけでコントロールをしていても、良いスタイルは維持できません。

 

習慣化された適度なトレーニングが必要になります。

トレーニングを習慣化させる

トレーニングの習慣化は、一般的に難しい部類に入ります。

 

普段私たちが習慣化して行っている事は、生きていく事に必要なことや、やりたくてやっている事が多いと思います。

 

しかし、運動は違います。

 

疲れますし、筋トレは重いものを持ち上げて筋繊維を損傷させたりと、人間の基本的欲求である『気持ちよさ』や『痛みを避ける』とは真逆の性質があります。

 

その為、続かないのです。

 

では、どうすれば良いのか?

 

先ほど、人間の基本的な欲求で『気持ちよさ』について述べました。

 

トレーニングしている時は、確かに辛いです。

 

しかし、トレーニングを重ねる事で身体が変わり、『より綺麗になった』『より格好良くなった』『お腹が引き締まった』など、理想とする自分になれたイメージを想像すると、ワクワクしてきませんか?

 

それがある意味『気持ちよさ』になり、継続させるモチベーションになるのです。

まとめ

最短で痩せる方法に近道はありません。

 

長期の目標を立て、そこに向かって短期の目標を細かく設定し、コツコツとトレーニングと食事管理を無理なく行いながら一つずつクリアしていく事が最も近道なのです。

 

ボクサーのように短期間で体重を落とす事は出来ますが、リバウンドのリスクはかなり高いです。

 

短期間で大幅に減らすと、短期間で直ぐに戻りやすいからです。

 

そして好きな食べ物については、量やタイミングに気をつけてストレスにならないよう、食べていきましょう。

 

さらに長いゴール設定の中で、『なんの為に始めたのか』『理想の自分に成れたら何をしたいか』など、目標達成した後のイメージを具体的に持つと、それが継続に繋がります。

 

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

最新情報をチェック!!
>最高の自信をあなたに

最高の自信をあなたに

いつまでも若々しく、楽しい事・やりたい事が出来る身体創りにすべてを