減量したいのに食べてしまうのは意志が弱いから?

減量期の食事は誰もが悩まれると思います。

 

『お腹が空くからどうしても食べてしまう、これって意志が弱いから?』

 

減量したいと考えていても出来ない方は上記のように考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

食事管理が出来ないのは単に意志が弱いからでしょうか?

 

身体の仕組みを知れば、それだけではない事が分かってきます

 

また、食べる量を減らせば体重は落ちますが、栄養バランスを考えると偏に減らす事は出来ません。

 

減量をする事で不健康になってしまっては元も子もありませんし、長続きしません。

 

そもそも食べる量を減らすということは、お腹が空きやすくなるという事。

 

お腹が空いた状態をキープするのはストレスですし、苦しいと感じる方が多いと思います。

 

今回の記事は、減量で体重を落としつつ、なるべくお腹が空かない食事方法についてまとめました

お腹が空く理由

答えを先に申し上げますと、血糖値が下がる事によって空腹感は起こります

 

体内に糖が入ると血糖値が上がる為、膵臓からインスリンが分泌され、その働きによって血糖値が下がります。

 

食べ物を食べない時間が長く続けば、次第に血糖値が下がり、お腹が減ってきます。

 

しかし、GI値が高いものなどを大量に食べると急激に血糖値が上がり、大量のインスリンが分泌される為、急激に血糖値が低下します

 

急激に下がる事により強い空腹感に襲われる為、また食べてしまうという悪循環に陥ってしまいます

 

さらにインスリンは余剰な糖を脂肪に変えて蓄える働きもある為、大量に分泌されてしまうと、太りやすくなってしまいます。

 

では、血糖値の乱降下を防ぎ、空腹感をなるべく感じないようにする為にはどうしたら良いのでしょうか?

血糖値をコントロールする方法

お腹が空くのは血糖値が下がるからという事が分かれば、血糖値をコントロールすれば良いのです。

 

その一つ目の方法は、食べない事】です。

 

食べない事?

 

血糖値が下がると空腹感が増すのに食べなければ血糖値は下がる一方だと思われますよね。

 

しかし、人間の身体には糖(食事)が摂れなくても低血糖にならないよう、新糖生という素晴らしい能力があります。

 

新糖生とは、糖以外の物質からグルコース(糖)を作り出す現象です

 

血糖値が下がってくると、脂質やタンパク質を分解し、糖を作り出します。

 

血糖値が下がりすぎると精神異常や意識消失などが起こりますが、新糖生の働きにより、エネルギーを作り出し、供給する事が出来るのです。

 

つまり、血糖値を乱降下させてしまうと強い空腹感に襲われますが、緩やかに下げる事により新糖生が働き、空腹感を感じにくくなるのです

 

以下、血糖値が低下した際に分泌されるホルモン(Wikipediaより引用

  1. 血糖値が約80 mg/dLを下回ると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極端に低下する。
  2. 約65-70 mg/dLに低下すると、血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンアドレナリンが大量に放出され始める。
  3. 約60-65 mg/dLに低下すると、3番目の血糖値を上げるホルモン、成長ホルモンが放出される。
  4. 最後に60 mg/dL以下になると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。

私は朝食を食べないようにしていますが、午前中は心地よい感覚で、お腹が減って集中出来ないというより、逆に身体が動かしやすく頭がクリアで集中力が一番高い状態です。

 

逆に食事を摂ってしまうと、頭にモヤがかかったようなイメージで、ベストな状態ではなくなります。

 

一日一食という方もいらっしゃいますが、こういった方々も、食べない事によりベストな状態を手に入れているのだと思います。

 

そして二つ目は、【食事でコントロールする方法】です。

 

一つ目の方法では食べない事による新糖生で血糖値の乱降下や低下を防ぎましたが、食事でも乱降下を避ける事が必要です。

 

やり方は血糖値が急上昇するものをなるべく食べないようにします。

 

GI値が高い代表的な物は、砂糖や小麦粉を使った食品です。

 

なるべく食べない方が良いのですが、砂糖や小麦粉はかなりの食品で使われています。

 

好きな方も多いと思いますが、完全に断つ事は難しいと思いますので、どうしても食べたい方は、食べる順番に気をつけましょう。

 

お腹が空っぽの状態でGI値の高い物を摂ってしまうと一気に血糖値が上がるリスクがあるので、始めはGI値が低い野菜などを食べ、それからパンや白米を食べるようにしましょう

 

間食でお腹が空っぽの時に食べるキャンディーやせんべい、チョコレートも、血糖値の乱降下が起こりやすいので注意が必要です。

 

どうしても食べたい時には食べる量を少なくして、チョコレートの場合はカカオ含有量が多いものを選びましょう。

まとめ

減量・ダイエットとなると、強い意志がないと出来ないと思いがちです。

 

確かに、食事管理は必要になりますが、自分の意志とは関係なく、血糖値により空腹感は変化しますので、どのようにコントロールするか知識を付けた方が、成功率が上がります。

 

この記事を読んだ方ならもうお分かりだと思うのですが、減量・ダイエットで効率の悪い方法は、お腹が減ったらお菓子や菓子パンなど、血糖値が急上昇するものを食べてしまう事です

 

その結果、強い空腹感に襲われ、より多くの食べ物を食べてしまうリスクが上がってしまうからです。

 

必要な知識を身につけ、なるべく無理をせず、健康的に減量していきましょう。

 

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

>最高の自信とは・・

最高の自信とは・・

いつまでも若々しく強くしなやかな身体から生まれる