減量における食事と運動の割合

こんにちは

 

ボクシングエクササイズ・パーソナルトレーナーの原です。

 

減量しようと決意したとき、『運動で落とそうか』『食事で落とそうか』と考えませんか?

 

お客様とカウンセリングをして、お考えを伺うと、「美味しい物は食べたいけど体重を減らしたいです」というお話しをよく伺いました。

 

お気持ち、よーーーーーーく分かります。

 

美味しいものってたくさんありますし、運動だけで体重が落ち、目標とされている身体になれれば良いと思います。

 

ですが、現実はなかなかそう上手くはいきません。

 

そして、それは人によっても様々です。

 

あるお客様は運動だけでも体重が落ちたのですが、別のあるお客様は、運動だけでは全く落ちませんでした

 

なぜならば、誰もが同じスタートでは無いからです。

 

減量しようと思った時、体重計に乗ると『肥満』と出る方と、『標準』と出る方では落ちやすさが違いますし、運動してきた方、全くされてこなかった方によっても違いますので、『あなた』を基準で考える必要があります。

 

私(原)を例に挙げると、私は普段からトレーニングをガンガン行っており、筋肉量が多く、脂肪は少ないです。

 

そんな私が今よりもトレーニングの量を多少増やしたとしても、体重は落ちません

 

食事です

 

食事をコントロールする事により、体脂肪、そして体重に変化が表れ始めるのです。

 

そして、減量における運動と食事の割合、どの位かご存知しょうか?

 

運動2割:食事8割と、現在は言われています。

 

この比率は、今後の研究で変わる可能性がありますが、現在は間違いなく、この数値が適切だと私は考えております。

 

では、効率良く、脂肪・体重を落とすには、どうすれば良いのでしょうか?

運動(トレーニング)で身体をデザインし、食事で脂肪をカットする

運動で消費するエネルギーと食事で摂取するエネルギーを比べた時、凄く辛いトレーニングをしたとしても、消費しているエネルギーは、摂取するエネルギーと比べれば、ごく僅かです

 

例えば、おにぎり一つ(100g)で、約179kcalです。

 

年齢・性別・体重・筋量などにもよりますが、約60分のウォーキングに値します。

 

おにぎり一つなんて、一瞬で食べられますよね?

 

それが60分も歩かなければ、消費出来ないと言われているのです。

 

脂肪1kg落とすのに、約7200kcalものエネルギーが必要と言われています。

 

運動で莫大なカロリーを消費しようとしたら、かなりの時間、身体を動かし続けなくてはなりません

 

そんな時間はなかなか取れませんし、体力的にも、健康的にもお勧め出来ません。

 

それだけ、食べ物にはエネルギーがあります。

 

筋力トレーニングで身体を創り、食事で脂肪のコントロールをするのがベストだと私は考えております

 

では、食事を減らすとして、何を減らせばよいのでしょうか?

現在の食事内容から考えなくてはならない

『主食で小麦だけではなく、米も取り入れていきましょう』

 

『一日のうち、一食は、炭水化物の量を半分にしましょう』

 

など、誰にでも当てはまるものではありません。

 

お伺いし、初めて分かります。

 

分かるからこそ、ご提案が出来るのです。

 

現在の運動と食事で変化が無いのでしたら、何かしら、見直さなくてはなりません

 

ブログ驚き!プチ断食の効果!!でも書きましたが、私は以前、この方法で減量に成功しています。

 

しかも、全く辛くなく、自然な状態のままでです。

 

書籍・インターネットで、減量に関する情報は山のように出ています。

 

何があなたに合うかは、試してみないと分かりません。

 

直ぐに試せるものから実践し、合わなければ次の方法など、どんどん実践し、結果を手に入れてください。

 

私も様々な方法を自分自身に試してきて、『これだ』というものが見つかりました。

 

応援しております。

 

ご質問がございましたら、こちらをクリックください

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

>最高の自信とは・・

最高の自信とは・・

いつまでも若々しく強くしなやかな身体から生まれる