理想的な身体を持つ人の習慣を真似しよう

身体を変える為にはトレーニングが必要・・

 

と、いうよりも、身体への日常生活以上の負荷が必要です。

 

ですので、日常的に高負荷を受ける習慣があるのでしたら、トレーニングは必要ないのかもしれません。

 

現代人で身体を動かさなくても生活が出来る環境に居る方は、トレーニングという形で身体に負荷を与える必要がある場合があります。

 

それは健康の為やダイエットの為など、変化を求める場合です

 

今回のテーマは、『理想的な身体を持つ人の習慣を真似しよう』について、解説していきます。

その身体には理由がある

あなたがその身体(体型)なのには理由があります。

 

遺伝も関係していますが、日常生活が身体に与えている影響が大きいのです。

 

例えば、宅急便などの運送業を主に行っている方は荷物を一日身体を使って運びます。

 

身体にかかる負荷はかなりのものですよね。

 

一方、デスクワークの方は一日座ってパソコンを打つ訳ですから、身体にかかる物理的な負荷はほとんどありません。

 

全員が当てはまる訳ではないのですが、運送業の方は動ける身体へ、デスクワークの方は動けなくても良い身体へ変化していきます

 

動けなくても良い身体というのは、過体重もそれに該当しますし、デスクワークの方は座っている状態が長い為、肩や腰に負荷がかかり続け、肩こりや腰痛などを引き起こす事があります

 

このように、日常生活が身体に正直に表れてくるのです。

 

では、変化させる為にはどのようにしたらよいのでしょうか?

理想とする方の日常生活(習慣)を取り入れる

理想とする方がいらっしゃるのでしたら話しは早いです。

 

その方が行っている日常生活を取り入れましょう。

 

FacebookやInstagram、YouTubeなどを出していれば、それらを参考にどういった生活をしているのか調べてみましょう。

 

続けられそうでしたら継続してみます

 

また、ここで気をつけるべき事は、同じことを行っても完全に同じ体型にはならないという事です

完全に同じ体型にはならない

例えば理想の方と全く同じ食事を摂り、全く同じトレーニングをしたとしても同じ体型にはなりません。

 

これは、冒頭にもご説明いたしました遺伝が関係しております。

 

遺伝率はその対象(身長・体重・言語など)によって変わります。

 

誰もが同じ顔でないように、筋肉の付き方や筋繊維タイプと割合など、人それぞれ違いますので、その方のトレーニングを行う事により、その方に近づく事は出来ても同じにはなりません。

 

別のアプローチなども必要になってくるはずです。

まとめ

トレーニングには様々な行い方があります。

 

全身のバランスをみながら全体的に鍛える方法が主だと私は考えていますが、疾病や疾患などにより一部分のみ集中して鍛える時期がある方もいらっしゃると思います。

 

繰り返しになりますが、身体は日常生活以上の負荷を掛けなければ絶対に変わりません

 

今回の記事では理想とする方の日常生活(習慣)を取り入れてみようと記事を書きましたが、疑問など出てきた際は『お問い合わせ』や『LINE』からご質問いただけると幸いです。

 

LINEからのお問い合わせは、以下『友だち追加』からご連絡ください。

 

最後までお読み下さいましてありがとうございました。

友だち追加

>最高の自信をあなたに

最高の自信をあなたに

いつまでも若々しく、楽しい事・やりたい事が出来る身体創りにすべてを