筋トレではなぜ息を止めてはいけないの?

重いものを持ち上げたり、思い切り力を入れる時、人は息を止めがちです。

 

しかし、特に筋トレがそうなのですが、思い切り力を入れる時に息を止めることは一般的に推奨されておりません。

 

なぜ息を止めてはいけないのでしょうか?

 

今回の記事は、力を入れる時になぜ息を止めるのか、そして止める事によるメリットとデメリットについて解説していきます。

なぜ息を止めるのか?

より大きな力が出るからです

 

呼吸をしている時よりも大きな力が出る為、限界近くまで重い物を持ち上げる時に息を止めるのです。

 

何故かというと、息を止める事により腹圧が高まります

 

腹圧が高まると体幹が安定する為、より大きな力が出せるのです。

 

これをバルサルバ(ヴァルサルヴァ)現象と言います。

 

バルサルバ現象を使うとより大きな力を出す事が出来る事から、筋トレでは呼吸を続けたままでは上がらない程の高重量を扱う時に使用される事があります。

 

主にボディビルダーのように筋肉を肥大させ、トレーニングも限界まで高重量を扱う方が使用する場合があり、シェイプアップや健康増進が目的ではほぼ使用しません

 

体幹が安定してより高重量を扱えるなら、皆使えば良いと思われがちですが、大きなデメリットがある為です。

デメリット

息を止めて力を入れる事により、血圧が急上昇します。

 

その結果眩暈を起こすリスクがあります。

 

さらに循環器系に疾患を持った方が行うと、不整脈深刻な合併症を引き起こす事がある為、正しい呼吸を行う必要があるのです。

まとめ

呼吸を止める事により体幹が安定し、より高重量が扱える事が分かりました。

 

しかし、血圧が急上昇する事により眩暈や、循環器系に疾患のある方は深刻な症状を引き起こすリスクがある為、誰にでも推奨されるというものではありません。

 

現代では、息を止めるほど重い物を持ち上げる事は日常生活ではほぼありません。

 

運送業など一部の仕事では重い物を運ぶ事があると思いますが、よほど重いものは機械が人間の代わりを担ってくれます。

 

1960年頃までの脳卒中は、脳出血が多かったのは、栄養不足で血管が脆かったほか、機械が発達していなかったせいで人の負担が大きかったというのも一つの理由となっているそうです。

 

重い物を持ち上げる時に息を止めるのは自然な反応ではありますが、どうしても高重量を扱わなくてはならない場合を除き、呼吸は止めずに行う事を推奨いたします

 

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。

最新情報をチェック!!
>最高の自信をあなたに

最高の自信をあなたに

いつまでも若々しく、楽しい事・やりたい事が出来る身体創りにすべてを